スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくお休みします&問い合わせ先

ちょっと急ですが管理人交代につき、しばらく
このブログをお休みします。

昨年の5月からですから10か月近くになります。
ブログを見えくださった方々、コメントをくださった
方々、里親募集に応じてくださったかたがた、
みなさま、ありがとうございました。
しばしお休み
ちょっとお休みしゅるの

猫ちゃんに関するご相談やご依頼は、
西東京市役所の環境保全課へ。
042-464-1311(代表)


管理人(猫じゃらし)
スポンサーサイト

ノルウエジャン姉妹、戻りました

ノルウェジャンの姉妹は、結局、管理人の家に
戻りました。元のような顔をして、またほかの
猫たちと家のなかを走り回っていますが。
しばらく様子を見ます。

light mikeko 行く前
ゴメン! 戻っちゃいました
light チロコ 行く前
これから、どうしようかなあ


ノルウェジャン姉妹に関するお問合せは下記へお願いします。

catplanet25@gmail.com

管理人(猫じゃらし)

【里親募集】薄幸のサビママに愛の手を!

サビママは1歳半~2歳の元メス猫ちゃんです。
とっても元気で近所の人から餌をもらい、草むらで
遊び、近くのエアコンの外付けの上で寝ていました。
お外にいたサビママ
お外にいたころのサビママちゃん。サビ柄が独特

ところが昨年の熱い盛りに「尻尾がひどく化膿している、
猫がいる、手術を受けさせたい!」と餌をやっている方から通報があり、
保護。尻尾の付け根が誰に悪戯されたのか紐に締められて、
そこが化膿し、もう2、3か月がたっていたのです。
すぐに獣医さんで尻尾の切断という大手術を受け、ついでに
避妊手術も済ませました。
数日、入院したのですが、その間…(→末尾の番外編を見てね!)

light サビママ2
なにかしら、首のまわりが変なのよ

退院したサビママは、元のように近所の人たちから
餌を貰って元気に暮らしていましたが、そのうち大きなオス猫に
襲われるようになってしまったのです。避妊手術を受けて
メスとみなされなくなったせいでしょうか。

そしてついに年末、そのオス猫に大けがさせられ、またも獣医さんで
15センチぐらい縫う手術となりました。

カーラーをつけたサビママは依頼主さんの家に保護されました。
彼女は依頼主さんにとっても馴れていて、体をこすりつけて、
アゴの下を撫でられるとゴロゴロといい、
うっとりと依頼主さんを見上げるのです。
そのままそのおうちばの子になれればベストだったのですが、
そのお宅の事情でどうしても飼えないことになりました。
依頼主さんもずいぶん里親さんを探したのですが…。

お正月から管理人の元へ。
サビママは一日中、カーテンの影に隠れ、2階の窓から
外を見ています。脱走したがってはいないみたいです。ただ
管理人がカーテンをめくって覗くとファ~といって、お手々が
パシッと出ます。とくに脱走を画策はしていないようです。

そこで依頼主さんに来ていただくと、うれしい~♪とばかりに
アゴの下を撫でられ、1時間もいていただくとお腹を見せて
転げまわっています。
トリミング依頼者に撫でられて嬉しそうなサビママ
こっちのママは大好き、あっちの人は怖いのよ~(かな?)

また無邪気な中猫たちが4匹、ゾロゾロとおいしい餌と
お日様目当てにサビママの部屋に入って来るとジッと見つめて、
ファ~でもなければパシッでもない。
最近ではベッドでお日様に当たっている中猫の近く30センチ
ぐらいまで接近して、一緒に寝ていることもあるようです(管理人
が部屋を覗くと、一瞬にしてカーテンの影に)。

サビママは捕獲したときのショックから抜けきれないのか、
管理人を怖がっているのかもしれません。
大好きなチュールやオモチャでも気を引いても、目の前
では気を許しそうもないです。

これなら外に放してあげたほうがいいのかとも考え
ますが、元の場所に戻せばまた宿敵みたいな大きな
オス猫に襲われるでしょう。サビママちゃんも
「弱い女」の振りができず、対抗してしまうようです。

人に馴れる素質は十分にあると思うのですが。
体はとても健康な子です。

こんなサビママの里親になってもいいというような、
ボランティア精神旺盛な方はいらっしゃないでしょうか?
管理人の家は、ほかにもまだ巨大なオス猫
やらがワラワラいて、飼い続けるのは難しいのです。

なつけばきっと可愛い猫ちゃんになると思います。

少しでもサビママにご興味を抱いてくださる方がいれば、
下記にメールをいただければ幸いです。

サビママに関するお問合せは
catplanet25@gmail.com


【番外編】
最初に尻尾の切断手術をして入院中、
3日目ぐらいに「子猫が現れた!」と2度目の通報。
3匹の子猫が空腹に耐えかねて、ヨロヨロと草むらから出てきたのです。
近所の人はだれもサビママが子育て中だと知らなかったのです。
無事に3匹は管理人宅に保護され、スクスクと成長し、
それはそれはそれは~可愛い子猫になり、
秋風が吹くころには3匹とも優しい里親さんの元に。
LightMikeko.jpg
あたちたちは幸せになったけど、
どうかママをよろしくね!





ノルウェジャン姉妹はトライアルに

多くのお問合せをいただいた、
ノルウェジャンの姉妹ですが、
2匹一緒に、無事、市内でトライアルに入りました。


light1か月、人間怖い!
↑↑↑3か月前 保護されて数日、まだ人間が怖かったころの
ミケコ(三毛)とチロコ(赤白)。左のグレ太は、12月に一足先に婿入り

↓↓↓先日、トライアル先で一時的にケージに入ったミケコ(三毛)とチロコ(赤白)。
 チロコはちょっと引けてますが、ミケコはマッタリ、リラックスモード?
light先方で一時的にケージに入ったミ2匹、意外とマッタリ?


トライアル先の方は名前まで考えていてくださって、
ご家族で楽しみにされているご様子で、
「1年かけても、2年かけても(馴らす)」とおっしゃっていられて。
ありがたいお話です。

お見合いの前には、ミケコのほうが
ベランダから2度目の脱走をしましたが、
2、3日後に窓辺に来て「エサをくれ~」と
わめいていたところを保護されました。
お見合いは無事に済んだものの、
そのとき風邪を引いたのか、
一週間後に目を腫らしお岩さんになったので、
家のなかで捕り物帖を演じたあげく
ケージに入れられて獣医さんに。
(触れない猫の問題は、獣医さんに連れて行くときです!)
チロ子と一緒に遅れていた
ワクチンや治療などをしていただき、やれやれでした。
そうそう、獣医さんもチロコをメスと確認。
(赤白でメスは珍しい!)
そして数日後に、捕り物帖の再演をしてから、
トライアル宅に向かったのでした。

11月初めに保護したときは、
人に見られるのも、人を見るのもイヤと
ベッドの下に立てこもっていましたが、
3か月を経てみれば
人の顔をジッと見られるようになったし、
こちらを見ながら目を細めたり欠伸をしたりしていたし、
尻尾とお尻だったらほんのちょっとだけ触れるようになったので、
この後、可愛がっていただいて、
さらに馴れていくことと思います。
lightうちの子たちとオモチャを見つめるミケコとチロ子(中央)
保護されて2か月、おうちの仲間と一緒にオモチャを目で追う2匹。。
以前はオモチャを見せると怖がって逃げていました


お問合せいただいたみなさま、
ありがとうございました。






【多頭】里親募集  黒(くーちゃん)と茶白(プーチン)

新年の里親募集第二弾は、多頭のおうちから
保護された黒ちゃんと茶白ちゃんです。

黒ちゃんと茶白ちゃんはとっても仲良しなので、一緒の写真をトップに。
一緒にお申込みいただけるとうれしいけれど、
必ずしも「一緒でなければダメ」というわけではありません。
赤白ちゃん、黒ちゃん可愛がる
多頭の子は、小さい子のお世話をよくする子が多いですが、
茶白ちゃんも黒ちゃんを可愛がっています。

明日登場する黒猫ちゃん
黒ちゃん、ことクーちゃんは、生後1年(推定)。
人懐っこく、甘えん坊で、体は小さめです。
飼いやすそうな子です。

プーチン猫keibiinn
茶白、ことプーチン(昔の名前は警備員さん)は生後2年(推定)。
小さい子をよく可愛がる優しい兄貴分です。
見た目はちょっとこわもてですが実は大人しく、
見かけによらず怖がりん坊のところもあります。
やっぱり飼いやすい子です。

どうかふるって里親にご応募ください。
疑問点などありましたら、メールにてお問合せください。
里親のお申込みもこちらのメールから。
nishitokyoneko@yahoo.co.jp

また里親の申込の際に、家族構成や住宅事情、ご年齢等、
個人的なこともお聞きすることになりますので、事前に
ご了承いただければ幸いです。この情報が外部に出る
ことは決してありません。

西東京市、およびその近辺ですとありがたいですが、
場合によって(とくに2頭一緒なら)地域はご相談に
のりますので、ひとまずメールをいただけると嬉しいです。

お申込みいただいたあと、1~3週間のトライアル期間が
ありますので、猫ちゃんと里親さまの相性や、先住ちゃん
たちとの相性も観察することができます。

どうかよろしくお願いいたします。
プロフィール

nishitokyocat

Author:nishitokyocat
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

地域猫 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

東京の西東京市で地域猫のためにボランティア活動をしています。平成21年に市役所が手術のための助成金を出すようになったのをきっかけに「西東京 飼い主のいない猫を救う会」として発足。28年に名称を現在のものに変更しました。毎年、100匹ぐらいの猫に去勢・避妊手術を受けさせたり、やっぱり100匹ぐらいの子猫に里親さんを見つけています。会員は約30名。 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。